京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2007年03月23日

石塀小路の魅力

京都東山・花灯路が終り、二日が経ちました。東山を歩いておりますと、色々と風情がある道が数多く御座います。どちらもゆるりとした情緒が御座いますが、そんな中で私が一番好きな場所が石塀小路で御座います。


石塀小路は、東は『高台寺ねねの道』から西は『下河原通り』までの少し勾配のある石畳の小路です。京の趣き深い町家が立ち並び、基礎の部分には切り立った石垣が小路を彩ります。道に使われております石畳は、その昔、京都市内を走り、市民の足として活躍をしておりました「路面電車」の敷石を用いて、敷き詰められたもので御座います。

この辺りの地域は、もともと普段は静かで風情豊かな地域で御座います。そのため、普段は地元の方々が、心静かに散歩をされていたり、近所のお子さんが遊んでおられたりして、京都の工事らしい一面も持ち合わせております。また、テレビ朝日で制作された番組「新・京都迷宮案内」の主人公・杉浦恭介(橋爪功さん)が下宿する「田舎亭」さんも、実際にこの小路に軒を連ねる御宿で御座います。

そんな京都の風情を持つ「石塀小路」も夜になりますと表情が一転し、料亭や旅館、スナックといったお店がシットリとした明かりを灯し、東山の奥座敷としたとてもしっとりとした風情を持つ静かな情緒ある表情を見せてくれます。特に、雨の日になりますと、石畳が濡れる事で、明かりが濡れた石畳に反射をし、またしっとりとした風情により深みが増してまいります。そんな中を番傘一つ差して、ゆったりとその空気を感じながら歩いてみるのも、また京都の感じ処ではないでしょうか。

人が多い場所ではなく、人が少ない場所だからこそ、本質的な京都が感じられるように思います。場所自体だけではなく、その場所自体が持ち合わせている空気感を静かに、そして、時には立ち止まったりしながら味わうのが、本質的な京都流の楽しみ方で御座います。

*写真は「東山花灯路2007」期間中の石塀小路にて。

同じカテゴリー()の記事画像
賀茂祭
京都駅【クリスマスツリー点灯式】
京都御苑【時代祭】
町のひととき【街】
夜の祇園へ
今朝の賀茂川にて
同じカテゴリー()の記事
 賀茂祭 (2008-05-14 23:29)
 京都駅【クリスマスツリー点灯式】 (2007-11-04 23:12)
 京都御苑【時代祭】 (2007-10-22 15:07)
 町のひととき【街】 (2007-07-10 22:14)
 夜の祇園へ (2007-04-07 19:04)
 今朝の賀茂川にて (2007-04-05 21:41)

Posted by 一匹狼★NOB at 12:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。