京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2008年02月17日

雪降る京都で

京都の人間として、いつも感じる事は『ほんま、底冷えっていう言葉は、的を得たことばやなぁ』ってことです。足元からじわりじわりと寒さが、身体の芯から徐々に冷えていくような感覚に陥るのが、京都の寒さの特徴といえます。だからこそ、ちらりちらりと雪降る様子が更に視覚的に寒さを感じさせてくれます。

先日の多くの雪が降った日に、少しだけ障子を開けまして、雪の降る様子を眺めながら、お酒を飲む機会が御座いました。さらさらと降りゆく雪の様子を見ながら、京都の深さに思いを馳せ、ゆるりと呑み干すのは、なんとも心地の良いものであります。

お金を多く掛けずにこのように京都を感じる楽しみかたは、私の友人には『流石京都人やなぁ。京都人にしか、こういう風流な楽しみ方は出来ないね』といわれます。でも、こういう楽しみ方は、誰にでも出来るからこそ、良いんです。京都の本質ってこういう所にあると思うのですね。昔の人は、現代の様に楽しみが数多くあるわけでは御座いませんでしたし、何より楽しみが少なかったのですから、自然を愛でる楽しみかたは、現代人以上に長けていたと思います。

そういうところを見習いながら、京都を歩いてみますと京都の楽しみ方が増えるのではないかと思います。今夜もゆるりと夜のお酒を少しだけ楽しんで、眠りに就きたいと思います。


同じカテゴリー(生活)の記事画像
人日の節句・七草粥【生活】
お祭り前にて
大文字山【消炭登山】
夕刻の鴨川にて
同じカテゴリー(生活)の記事
 初釜を終えて。 (2010-01-19 03:16)
 人日の節句・七草粥【生活】 (2010-01-08 17:05)
 ひさびさに奈良へ (2009-11-13 09:19)
 ハレの日の準備【生活】 (2009-05-09 08:34)
 京都のさむさに要注意【生活】 (2008-12-05 00:43)
 伊勢は七度、熊野は三度、愛宕参りは月参り【生活】 (2008-08-21 06:25)

Posted by 一匹狼★NOB at 22:18│Comments(0)生活
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。