京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年12月07日

京都国立博物館の平常展【京都のこと】

 おとつい、久々に午前中から京都国立博物館へ行っておりました。といいますのは、今月七日(つまり今日)を持って、平常展示館建て替え工事のために全館閉館をされるため、無料で公開をされていたからでした。これまで、時間が合いましたら、無料公開の日に訪れていたのですけれどね。

 この日は残念ながら、朝から雨でした。入り口には「本日は常設展は無料公開しております」の文字が。平常展示館は多くの人々がいらしておりました。まずは、さまざまな仏像を展示されている部屋へ。やはりあの六波羅密寺さんの四天王のうちの二体が一際大きく見えました。

 個人的に仏像で意外に感じたのが、展示されていた仏さんの中には八瀬に奉られていた仏像も多いんですね。たまたまなのか、それとも非常にきれいな形で残っている仏様が多いのでしょうか。いずれにいたしましても、このようなことを思いながら、拝見をしておりました。伊藤若冲の絵画も展示されており、観覧者の中でとても注目されていたのは、やはり経典や宸筆の数々の部屋でした。

 本日は建て替え前最終日とあって、平常展示館でクラシックコンサートが催されていることでしょう。また新しくなった平常展示館に出会えるまで、楽しみです。  


Posted by 一匹狼★NOB at 17:20Comments(2)京都のこと