京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2008年02月17日

北野さんの梅

京都の二月後半の楽しみといいますと、やはり梅の香りを感じる事が出来ることだと思います。京都の観梅の名勝で、梅と大きく関わりのあるお宮さんと申しますと『北野天満宮』さんが挙げられることでしょう。

先日、ある方から『北野さんの梅が少し咲きほころび始めましたよ』とお知らせを頂戴致しまして、それではと思い、三日前に『北野天満宮』さんへと伺って参りました。



北野天満宮さんに伺うと、境内の梅がほころび、梅の花の横を通ると、かすかに梅の香りが薫っておりました。北野天満宮さんと梅が何故、関わりが深いのでしょうか?

北野天満宮の御祭神である「菅原道真」公は、「東風(こち)吹かば匂ひおこせよ梅の花 主(あるじ)なしとて春を忘るな」という歌を残したほど、梅に関してはことのほか愛でられていた事が知られており、そのご神徳を表すように境内の一角には、梅苑が設けられており、毎年、多くの参拝者を楽しませていらっしゃいます。

また、梅苑以外にも梅は植えられており、そちらが良い感じで咲き始めていたので、写真を撮らせていただきました。こちらは紅梅は狛さん共に。



紅梅だけでなく、白梅も。近くには蝋梅も咲いていました。意外と知られていないのですけどね。



こちらは三光門前にて。今日の京都も雪がチラチラとしておりますが、これから観梅の季節を迎えます。


同じカテゴリー(季節)の記事画像
雪の大文字
上賀茂さんの雪景色
京都の秋を振り返る2
今年の秋を振り返る
北野天満宮の紅葉
ゆるりと秋探し
同じカテゴリー(季節)の記事
 15日の御粥祭を終えて。 (2010-01-19 03:04)
 第54代斎王代【季節】 (2009-04-14 11:52)
 火焚祭の趣深さ【季節】 (2008-11-26 01:11)
 雪の大文字 (2008-02-18 12:27)
 上賀茂さんの雪景色 (2008-02-12 15:18)
 今朝は鞍馬へ (2007-12-21 22:52)

Posted by 一匹狼★NOB at 14:38│Comments(0)季節
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。