京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2007年12月21日

今朝は鞍馬へ

いつも、うちの父はこの時期になると諸用で、毎年、鞍馬を訪れます。私も今年はついて行って参りました。

*今日も写真はありません。

ここ最近の京都市内北部は、寒さが深まり、地元の方に聞いたら、近くの市原の辺りには、この前に雪に代わって、霙(みぞれ)が降ってきましたよ。とお聴きしておりましたので、大丈夫かなと思いながら、車で鞍馬方面へ。途中までは、結構トラックやバスやらで、狭い道が時々止まっては動いて、また止まっては動いてという感じでした。

市原に来ると、車の通りは随分と少なくなります。さて、ここからが急に寒くなります。といいますのは、ここから本当に山の峠道なのです。二ノ瀬の辺りは注意しなければ、行き違いで車同士が擦ってしまいます。貴船口まで行くと随分と楽になります。貴船口の一の鳥居そばのお宮さん「梶取社」でちょっと参拝をして、そして、鞍馬へ。

鞍馬の空気は、今の時期、やはり雪の降る一歩手前でしょうか、空気が肌を刺すような感じでした。そして、目的地で諸用を終えて、少しだけ深呼吸。思ったより、肌が慣れてきて、少し清々しさすら感じる空気の良さでした。でも、雪が降るとなかなか来れなくなります。もうすぐ雪が降りそうな予感。

今年もあと少しです。それまでに雪が降るかも知れませんね。

同じカテゴリー(季節)の記事画像
雪の大文字
北野さんの梅
上賀茂さんの雪景色
京都の秋を振り返る2
今年の秋を振り返る
北野天満宮の紅葉
同じカテゴリー(季節)の記事
 15日の御粥祭を終えて。 (2010-01-19 03:04)
 第54代斎王代【季節】 (2009-04-14 11:52)
 火焚祭の趣深さ【季節】 (2008-11-26 01:11)
 雪の大文字 (2008-02-18 12:27)
 北野さんの梅 (2008-02-17 14:38)
 上賀茂さんの雪景色 (2008-02-12 15:18)

Posted by 一匹狼★NOB at 22:52│Comments(0)季節
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。