京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2007年12月16日

大覚寺【嵐山花灯路・雅楽演奏会】

急に、夜の京都の寒さが身に応えた12月15日に、大覚寺さんで雅楽の演奏があるとのことでしたので、これは拝見したいなぁと思いまして、嵐山花灯路へと行って参りました。

大覚寺さんは、正式には「旧嵯峨御所大覚寺門跡」といわれ、真言宗大覚寺派の本山です。心経写経の根本道場として、また、華道のいけばな嵯峨御流の総司所として有名です。嵯峨菊と称される菊も有名ですね。

【大覚寺】は嵯峨天皇の離宮嵯峨院が営まれ、この地には弘法大師が幾度となく立寄られたと言います。後に、正子内親王が清和天皇に上奏して、『大覚寺』と改められました。この折に初代住職として恒寂法親王が就かれました。南北朝時代には「媾和会議」が行われ、歴史の舞台となりました。御本尊さんは『五大明王』です。

*掲載写真は、クリックすると少し大きめで見ていただけます。



今回は、嵐山花灯路協賛事業として、平安雅楽会による雅楽の演奏会が、静かなる嵯峨御所・石舞台にて行われました。夜のみの公演でしたので、丁度この時間には山から冷たい風が下りてくる時間なので、濡縁で待っておりますと、この冷たさが気持ちを引き締めます。当日は、平安衣装の体験も行われていたので、十二単や束帯姿の方々がちらほらといらしておりました。

そんな中、静かに始まる雅楽の音色が、心にすぅっと入ってきます。当時も静かなる御所に悠久の音色の美が響いていた事だろうと思いを馳せながら、写真を撮りました。舞楽の時は、またその静かに丁寧に舞われる様子がとても心を落ち着かせてくれました。



これが、舞台全景。後ろに唐門が見えるのも何とも綺麗です。両サイドには、火が灯っていまして、その揺らめきが舞人や楽人に映り、とてもその場雰囲気を演出していました。



雅楽の最後には、境内の花灯路を散策し、やはり心経宝塔が映りこむ池の様子が綺麗でしたので、写真を撮りました。本来は、手前の灯籠を入れようか迷ったのですが、入れた方が綺麗だよと、ある方に助言を戴きましたので、入れてみると、やはりこのように綺麗な絵になりました。

花灯路を久々にゆるりと楽しみ、嵯峨野の地を後にしました。


同じカテゴリー(寺院)の記事画像
京都各街道口【六地蔵巡り】
上善寺【小山郷六斎念仏奉納】
涌泉寺【松ヶ崎題目踊り】
六道珍皇寺【六道参り】
鞍馬寺【竹伐り会式】
同じカテゴリー(寺院)の記事
 大覚寺【京都嵯峨野文化サロン】 (2007-09-29 22:36)
 京都各街道口【六地蔵巡り】 (2007-08-25 19:15)
 上善寺【小山郷六斎念仏奉納】 (2007-08-23 00:29)
 涌泉寺【松ヶ崎題目踊り】 (2007-08-16 11:32)
 六道珍皇寺【六道参り】 (2007-08-09 19:07)
 鞍馬寺【竹伐り会式】 (2007-06-20 18:00)

Posted by 一匹狼★NOB at 23:06│Comments(0)寺院
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。