京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2007年11月04日

京都御所【秋の一般公開】

毎年、春と秋に行われる京都御苑の秋の特別公開。今年も秋の特別公開が行われ、二つの雅楽会によって公演が新御車寄前にて執り行われました。



今年の秋の特別公開は、平成十九年十月三十一日から十一月四日までの五日間公開されました。今年のテーマは「宮中の舞」。三日には平安雅楽会さんによります演奏が行われました。



今回は「打毬楽(だきゅうらく)」という舞楽が演舞されました。この舞は、平安時代に競馬や相撲、鶏頭、歌合の会などで舞われたとも伝えられており、舞人はゴルフのクラブやホッケーのスティックのようなものである毬杖(ぎっちょう)を手にして、勇壮に舞いあげます。



四人で舞われるものですが、途中で一人だけ違う舞の動作をするのが、この舞の特徴的な部分ともいえます。ところで、先ほどの毬杖(ぎっちょう)なのですが、これは左利きのことをギッチョと申しますが、その語源であるとも言われています。



公開最終日である十一月四日には、いちひめ雅楽会の皆様によります「五節舞(ごせちのまい)」が披露されました。五節舞とは、天武天皇が吉野の離宮で演奏をしていると、天から天女が舞い降り、歌に合わせて、舞ったものであるといわれております。



四人の舞姫によって舞われるこの舞は、おすべらかしに袙装束、手には絵扇を持ち、小腰という平安王朝の風情を感じさせる優雅な舞でございます。




このような優雅な舞を拝見しながら、平安王朝の雅な雰囲気に浸りながら、特別公開は無事に終了致しました。


同じカテゴリー(京都のこと)の記事
 京都国立博物館の平常展【京都のこと】 (2008-12-07 17:20)
 明日。賀茂競馬会 (2008-05-04 17:56)
 除夜釜とをけら。 (2007-12-31 21:02)
 本当の京都論【By BlogCafe in xuan】 (2007-11-16 21:52)
 御霊神社【文化講演会】 (2007-09-08 23:27)

Posted by 一匹狼★NOB at 20:08│Comments(0)京都のこと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。