京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2007年09月23日

梨木神社【萩まつり】

京都の中心地「京都御苑」の東側に位置する神社『梨木神社』では、九月二十二日から二十四日まで【萩まつり】が行われておりました。萩が咲き誇る「梨木神社」では、雅楽や小笠原流による百々手式・狂言などが奉納されました。



梨木神社は、三條家邸宅跡に三條實萬(さねつむ)・三條實美(さねとみ)父子を御祭神として祀られた別格官幣社であります。創建は明治18年(1885年)であり、久邇宮朝彦親王によって、明治維新に貢献をした三條實萬を御祭神としました。後の大正天皇の即位に際し、實美公も併せて祀られる事となりました。

私は自身の都合上、二十三日に伺いました。伺ったときには、平安雅楽会による雅楽の奉納が行われており『蘭陵王』が舞われておりました。



「蘭陵王」とは、北斉の蘭陵王長恭があまりにも美しかったために兵が見とれ戦を使用としないので、常に恐ろしい面をつけて、戦場に望んだとされるその姿を舞にしたものです。



ふと横を見ると、境内の萩に蝶が止まっている様子が見えました。萩まつりの様子を楽しみにきたのでしょうか?境内には奉納された俳句が風に揺られておりました。



雅楽の後には、茂山社中による狂言も奉納が行われ、三日間多くの参拝者で賑わっておりました。萩まつりが終わりますと秋が深まってまいります。

同じカテゴリー(神社)の記事画像
十日ゑびす【神社】
賀茂祭のヒロイン・斎王代【神社】
賀茂別雷神社【乙子神事】
下鴨神社【新嘗祭】
須賀神社【火焚祭】
某神社【火焚祭】
同じカテゴリー(神社)の記事
 十日ゑびす【神社】 (2010-01-11 04:30)
 今日は賀茂祭です【神社】 (2009-05-15 06:39)
 御蔭祭【神社】 (2009-05-11 22:09)
 明日より賀茂祭の月です【神社】 (2009-04-30 09:43)
 賀茂祭のヒロイン・斎王代【神社】 (2009-04-16 13:23)
 ひなまつり【神社】 (2009-03-02 14:27)

Posted by 一匹狼★NOB at 21:18│Comments(0)神社
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。