京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2007年04月14日

ひさびさに自宅でほっこり

こんばんは。少し更新が滞りました。その間に京都では春の装いが変わり、満開の桜から場所によっては桜吹雪が舞い散る時期となりました。また一段と違った京都の一面を楽しんでいる今日この頃で御座います。

さて、その更新が滞っている間に、京つうさんから「京つう的オススメBlog」として、ご紹介をして頂いたみたいでして、誠に嬉しい事でありまして、厚く御礼を申し上げます。更新は私なりのゆったりとしたペースでは御座いますが、またゆっくりと楽しんで頂けましたら幸いで御座います。
-----------------------------------------------


今回は、私事の話も含めてでは御座いますが、綴らせて頂ければ幸いです。ここしばらく更新が滞っておりましたのは、実はここ数日、仕事や撮影等の兼ね合いから自宅を空けておりました。京都という土地柄、春祭のこの時期となりますと、桜の風景を撮りながら、あちらへこちらへと撮影をさせて頂いたりして、ようやく昨日、自宅へと帰って参りました次第です。

まだまだ、春祭は行われますが、私が参加をさせて頂いております京都検定の勉強会や私がお世話になっております諸関係の皆様との打ち合わせ等も含めての準備のためにここ数日は、自宅でほっこりとしながら、色々と進めていく予定です。

それにしても、ほっこりとするこの空気感というのは、京都だけなのかもしれません。少し歩けば、水や木々に触れる事が出来ますし、ちょっと出歩けば、桜の景色も楽しむ事が出来ます。京都の広報ポスターに「日本に京都があって良かった」というフレーズがありますが、京都人である私自身がそのように感じる事も多々あります。だからこそ、この感動をまた京都のブロガーは伝えていくのであり、その伝える事に魅力や再認識をしているのではないかと思います。

しかし、これを感じる事は「=(イコール)守っていく大切さも伝える」という事が重要かと思います。ただ単に「あって良かったぁ、綺麗やったぁ」だけではなく、どのように守っていくかという事も勉強しなくてはなりません。よく「守っていく為にはお金」という無粋な人も中にはいます。もちろん、確かに「お金」も必要でしょう。でも、その前にもっと考えなあかんことがあるんと違うかなと思ってしまいます。

京都は、別に偉い人だけによって、守られてきた文化ではありません。普通の地元の人たちも支えてきたからこそ、守られてきた事をもう少しクローズアップする事も大切であると、私は最近、再認識している次第です。京都人って、特に体裁を気にする気質がある為、どうしても外見(綺麗さ・豪華さ)の良さを全面的に押し出す部分が多いように感じます。

今日(きょうび)の「雑誌」とか「京都本」って言われる記事には「綺麗やなぁ」「賑やかそうやなぁ」「なんか感じがいいなぁ」と思うような写真や文章がズラリと並びますよね。でも、それだけが京都の魅力と思って、京都にお越しにならはって「綺麗やなぁ」だけで帰ってしまわはる県外の方もとても多いです。これは、大変残念ですし、京都に来たのにもったいないなぁと思います。

先日、拝読した某雑誌を見て、ようやく京都の魅力が伝わるような本が出てきたなぁと思うくらいです。では、その違いは何でしょうか。写真の綺麗さもさることながら、本当の京都人で本当の京都の魅力を知っている人が書いているか、そうでないかの差だと思います。そういう美的センスを持った方々の空気感や肌で感じるのは「京都」にいるからこそ分かるものだと思います。しかし、疑い深い人は「ほんまに?」といわれるかもしれません。でも、皆さんも納得されると思いますよ。本当の京都の達人は「知識」だけではなく、「感覚」をも大切にするという事を。

-------------------------------------------

さて、少しばかりキビシイ話でしたでしょうかね…しかしながら、我々はいかに、その「感覚」を忘れているか、という事を京都を通じて感じて頂ける機会があるか思います。そのお話は、また改めていずれかの機会に綴らせて頂ければ幸いかと思います。桜が舞い散る京の夜を少し楽しみたいと思います。雑談とはいえ、長文の拝読、有難う御座いました。

今後ともよろしく御願いを致します。

同じカテゴリー(雑談)の記事画像
雪景色
京都は雪降り
同じカテゴリー(雑談)の記事
 新年のご挨拶、控えます。 (2010-01-06 07:18)
 祇園さんも終わり、お盆も終わり... (2009-08-21 15:32)
 なんか忙しくしてます【雑談】 (2009-06-17 02:43)
 平日の昼下がり【雑談】 (2009-05-09 13:14)
 1月は動けず、2月は後半から (2009-02-02 06:38)
 今年も早いもので【雑談】 (2008-12-28 08:39)

Posted by 一匹狼★NOB at 02:58│Comments(2)雑談
この記事へのトラックバック
Ky鐓?茵? (jap. 鐔?鐓?鐓?鐔誌?, -shi, im Deutschen meist Kyoto, seltener auch Kioto geschrieben) ist die geschichtlich und kulturell bedeutendste Stadt Japans. Sie liegt im Westen der japanischen Hauptinsel Honsh鐓?鐔 im Ballungsgebiet Kansai.
Kyoto ist eine bekannte Stelle japanischer Besichtigung【Kyoto ist eine bekannte Stelle japanischer Besichtigung】at 2007年04月15日 10:30
この記事へのコメント
いやぁー、私の思うてることを、上手い事言うてくれはった気がします。

私も、つたないながら、そうしていけたらと思うています。

そやけど、私もちゃんとしたこは、よう知らんので、拝見して勉強させてもろうてます。

よろしくお願いします。
Posted by tao at 2007年04月21日 00:30
>taoさん

こんにちは。コメントを頂きまして、誠に有難う御座います。

私も日々勉強やと思て、心づもりをして、生活しております。でも、京都の素晴らしさというのは、いくらいうてもそれぞれの地区の地元の人が一番よぅ知ってはります。

その人たちの思いを聞きながら、拝見させてもらうのも一つの勉強かなと思ております。

こちらこそ、大した内容ではないのですが、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
Posted by 一匹狼★NOB at 2007年04月25日 17:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。