京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2007年03月16日

桜のお話

そろそろ京都は桜の薫るとても清々しい季節になりました。昨日の折に、嵯峨釈迦堂(清涼寺)さんの「お松明式」に伺ってまいりましたが、その折に虚空蔵法輪寺さんへと伺って参りましたが、非常に綺麗な桜が咲いておりました。

その他、京都の桜の名勝でもちらほらと桜の様子をお聴き致します。例えば、京都御苑内の「近衛邸跡」に咲き乱れるとされる「糸桜」ももうすぐ咲きほころぶという事をお聴きしました。もう今日にも咲いているかも知れません。

こういう春薫る季節を肌で感じて、京都を楽しんで頂ければ幸いです。但し、夜はまだ寒い日がありますよ。その部分だけは、十分ご留意ください。
さて、桜を皆さんで楽しむ為には、ある程度のルールを守って貰いたいものでございます。では、どんな事を守って頂く事が京都を楽しむ事に必要なのでしょうか?

本当に当たり前のことなのですが、まず『入ってはいけないところには決して入らない』ことです。毎年、良い写真を撮りたいと入ってはいけない所に入られる方が数多くいらっしゃいます。例えば、祗園白川の巽橋付近では、毎年この桜の時期になりますと、垣根を越えて、踏み込んで、あたかも当たり前のように撮影をされている方を見受けられます。これは、写真を撮るものとしてのみならず、桜を楽しむ人として失格です。桜の根を傷つける事にもなりかねません。

またこれも当たり前の話なのですが、『桜を折ったり、切ったりしない』事です。毎年、折角綺麗に咲いている桜を自分だけのものにしようと、折って持ち帰ったりされる方が、いらっしゃいます。これも桜を楽しむものとして失格です。

他にも当たり前の事ですが、その当たり前が守られない方が多いのを毎年見かけますが、とても桜が悲しんでいるように見えて、心が痛みます。京都人のみならず、観光でいらっしゃる皆様も十分留意して頂き、京都の桜を楽しんで頂ければと心から願ってやみません。

同じカテゴリー(季節)の記事画像
雪の大文字
北野さんの梅
上賀茂さんの雪景色
京都の秋を振り返る2
今年の秋を振り返る
北野天満宮の紅葉
同じカテゴリー(季節)の記事
 15日の御粥祭を終えて。 (2010-01-19 03:04)
 第54代斎王代【季節】 (2009-04-14 11:52)
 火焚祭の趣深さ【季節】 (2008-11-26 01:11)
 雪の大文字 (2008-02-18 12:27)
 北野さんの梅 (2008-02-17 14:38)
 上賀茂さんの雪景色 (2008-02-12 15:18)

Posted by 一匹狼★NOB at 14:06│Comments(0)季節
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。