京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年08月21日

伊勢は七度、熊野は三度、愛宕参りは月参り【生活】

『伊勢は七度、熊野は三度、愛宕参りは月参り』ということばが、京都にはあります。これは、一生のうちに七回はお伊勢さんに、熊野さんには三回はお参りをして、愛宕さんには毎月お参りをしましょうという意味があります。このことばは、江戸時代くらいから民衆の間で、いわれるようになったようです。

しかし、何故、こんなに回数が少ないのか?といわれるかもしれませんが、昔の伊勢参り、熊野詣では、命がけであったといわれています。出発には、道中祈願をし、帰りにはお礼参り、報告参りがなされるくらいとても厳しい道中であったようです。ですから、このような考えが生まれたのではないかといわれています。でも、愛宕さんを月参りするのもかなり大変です。  続きを読む


Posted by 一匹狼★NOB at 06:25Comments(0)生活