京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛北

新規登録ログインヘルプ


Message
プロフィール
一匹狼★NOB
一匹狼★NOB
京都生まれの京都育ちの京都人。寺社仏閣・歳時記などの撮影を行いながら、個人として京都の深い魅力を追求し、その魅力を紹介をしている。

京都情報発信に関するサイトへの企画協力・提案なども行っている。
------------------
「St.KYOTO」
京都の情報が交流する道

2002年に設置した京都の情報発信サイト。もちろん、個人で取材・撮影を行っている。京都の歳時記や寺社仏閣の様子だけでなく、季節のうつろいを紹介。また、京都の一側面的な魅力だけでなく、より一歩深い京都の魅力を伝える。

京都検定三級
京都検定二級
京町家検定上級。
NPO法人『京都観光文化を考える会 都草』正会員

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2007年03月17日

京の木洩れ陽

こんにちは。今日は朝から少し肌寒い感じでしたが、先程から暖かくなってきて、少しばかり近所の森へ。こういうときの森の木洩れ日を眺めていると、本当に気分転換にもなり、心が落ち着きます。特に京都は木々がところどころにありますし、木々に囲まれると自然の恵みをこころから受けているように感じます。  続きを読む


Posted by 一匹狼★NOB at 12:06Comments(0)徒然書

2007年03月16日

まだまだ勉強中…

またまたおはずかしい話なんですが、どうもブログの設定をどのようにしていいか、私には分かっておりません。といいますのは、『ブログ地域』のことなんです。ブログ地域の捉え方として、私自身はこのブログの主体的地域を表示するものばかりだと考えていたのですが、考えてみれば、私が綴る中身は、結構、地域が広いのです。ですから、地域で言いますと『京都市内全域』となります。

でも、そんな地域設定は無いですからねぇ…  続きを読む


Posted by 一匹狼★NOB at 22:58Comments(0)雑談

2007年03月16日

京の春景色近づく

本日、夕刻頃に京都御苑内の近衛邸跡を訪れてみました。  続きを読む


Posted by 一匹狼★NOB at 21:16Comments(0)季節

2007年03月16日

桜のお話

そろそろ京都は桜の薫るとても清々しい季節になりました。昨日の折に、嵯峨釈迦堂(清涼寺)さんの「お松明式」に伺ってまいりましたが、その折に虚空蔵法輪寺さんへと伺って参りましたが、非常に綺麗な桜が咲いておりました。

その他、京都の桜の名勝でもちらほらと桜の様子をお聴き致します。例えば、京都御苑内の「近衛邸跡」に咲き乱れるとされる「糸桜」ももうすぐ咲きほころぶという事をお聴きしました。もう今日にも咲いているかも知れません。

こういう春薫る季節を肌で感じて、京都を楽しんで頂ければ幸いです。但し、夜はまだ寒い日がありますよ。その部分だけは、十分ご留意ください。  続きを読む


Posted by 一匹狼★NOB at 14:06Comments(0)季節

2007年03月12日

現在、使い方を勉強中

まだまだこちらのブログの使い方と組み方が分かっていない私…といいますか、段組の部分で、ある程度、どういう風に編集を組んでいくかと研究しています。ちょっと写真の掲載の仕方がややこいかもしれませんけど、そこは、じっくりと向き合って、記事を掲載してゆきたいと思います。

このブログの方向性も、もう少し詰めていきたいので、ちょっと時間がかかるかもしれませんが…私がどのような情報を提供していく事が、皆さんに楽しんで頂けるのかなと考えています。これからその部分を含んで、カテゴリーや記事を綴っていきたいと思っております。  続きを読む


Posted by 一匹狼★NOB at 23:29Comments(0)雑談

2007年03月12日

初めまして

初めまして

---京都の深い本質に思いを寄せて---

 初めまして。京都の歳時記や風土、普段遣いについて色々なブログで綴らせて頂いております『St.KYOTO』の【一匹狼★NOB】と申します。以前から、こちらでお誘いを頂いていたのですが、私事ながら多忙であった為、この度、ようやくメドがつきましたので、こちらにてブログを立ち上げさせて頂いた次第です。簡単なプロフィールに関してはサイドにおいて、綴らせて頂きますので、御覧に頂ければ幸いで御座います。

  続きを読む


Posted by 一匹狼★NOB at 13:30Comments(1)はじめに